サプリメントの法則 - サプリメント選びの落とし穴

び方の徹底研究
サプリメントの法則

サプリメント選びの実践マニュアル
サプリメント選びの時に間違えやすい事柄をまとめました。

トップページ
初級編
サプリメントの意味
サプリメントの分類
サプリメントの選び方
成分表示の正しい読み方
サプリメント選びの落とし穴
1有名メーカーなら安心?
2薬品メーカーなら安心?
3売れているメーカーなら…?
4国内メーカーは安全…?
5高いサプリメントほど良質?
サプリメント広告の読み方
粗悪品を見抜く
理想のサプリメント


上級編
健康食品の基礎知識
サプリメントと薬の境界線
天然と合成の比較
サプリメントの裏事情
添加物の実態調査
アメリカのサプリメント事情
食物酵素でアンチエイジング
サプリメントでやせる方法
サプリメントの法則 10ヶ条

番外編
サプリメント通になれる本
気になるマスコミ記事
コラム
サプリメントの結論

サイト案内
よくある質問
プライバシーポリシー
リンクについて
お問い合わせ

管理人について

・姉妹サイト
 ダイエットの科学

・関連サイト
 鍼灸とアロマで健康を考える

リンク
おすすめリンク集
美容と健康のリンク集
相互リンク集

かんたん相互リンク

相互リンクに関して

このサイトはリンクフリーです
健康情報のネットワーク作りを目指しています。相互リンクのパートナーを募集しています。
サプリメントの選び方
サプリメントの法則・選び方のトップへ
サプリメント選びの落とし穴
意外に知られていない!サプリメント選びにおける勘違い。

1.有名メーカーなら安心?
そうとは限りません。他の製品が有名だとしてもサプリメントの品質が保証されるわけではありません。一定の品質は期待できるでしょうが、ブランドの力と宣伝力で売れてしまうため、製品に対するこだわりは不明です。知名度と品質は比例しません。

2.薬品メーカーなら安心?
薬品メーカーは既に薬品を開発できる力があるので、栄養素を固めて錠剤にすることは簡単にできます。でも、それが合成品であることも多いと思います。合成された栄養素は天然成分に比べると体内での働きが劣ります。

天然成分のサプリメントを開発するには天然食材の仕入れルートが必要です。サプリメント専門の老舗メーカーは、良質の材料を仕入れるために、膨大な時間と労力を費やしています。こだわるほど、一括仕入れを嫌って、各方面から選び抜いた材料を仕入れます。薬品メーカーや化粧品メーカーがそういった仕入れにこだわっているとは限りません。なぜなら、大量生産を得意とする薬品メーカーは、安定した仕入れ先を優先する傾向にあるからです。

3.売れているメーカーなら安心?
当たり前かもしれませんが、売上と品質のNo.1は違います。安くたくさん売るシステムと、良いものを必要な人に届けるシステムは違います。

腕のよい職人さんの工芸品はすばらしいです!でも、その代わりたくさん作れません。大量生産の品物とは次元が異なります。サプリメントは食品ですから、大量生産が必要でないと言い切れません。でも、こだわりのない大量生産だったら…。

4.国内メーカーは安全、海外メーカーは危険?
海外から取り寄せたサプリメントを摂って、被害を受けるケースがあります。ですから、海外から輸入する場合は気をつけてください。ただ、国内製品であればよい何でもよいと思うのも間違いです。国内であれ、海外であれ、製品の品質をきちんと選ぶことが最も重要です。

サプリメントは薬ではありませんから、効果や効能が記載されているものは薬事法違反です。もし、効果や効能が書いてあれば既に法律違反。そんなメーカーは絶対に信じないでくださいね。

薬事法 第66条 何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療用具の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

5.高いサプリメントほど良質?
高ければ、材料も手間もかけている可能性があります。でも、サプリメントは極めて原価率の低い業界であることを忘れてはいけません。代金のほとんどを広告やパッケージに支払っているようなものです。もちろん、テレビのCMも私たちが支払った代金の一部(ほとんど?)でやっているわけですし。

ですから、原価率の高い、つまり材料費と開発費の割合が高い製品を選んでください。でも原価率なんてどこにも書いてありませんから、それは推測するしかありません。このサイトがヒントになれば幸いです。

サプリメントの法則・選び方のトップへ
サプリメントの法則
presented by
ダイエットアドバイザー協会