ダイエットの科学-食事管理 vs 運動(9)

群馬県関連サイト:鍼灸とアロマで健康を考える 群馬県姉妹サイト:サプリメントの法則 ダイエットの科学
PR

ダイエットサプリメントの正しい選び方と使い方
品質の確かなサプリメントを選ぶコツを公開
サプリメントの法則

ダイエットの科学食事管理 vs 運動
BACK:体脂肪計の罠(8) < > INDEXに戻る
9.食事管理 vs 運動
運動は必要ない

「運動をした方がよいですか?」と、私のダイエット・プログラムに参加されている方から質問を受けることがあります。私は「特に必要ないですよ。」と答えることが多いです。

やせるために必要なのは、食事管理と運動です。言い換えれば、カロリー制限とカロリー消費です。運動は確かにカロリー消費をするために必要なのですが、運動をしすぎると、返ってお腹が空いてしまう場合があります。実際に運動を始めたら太ったという方がいるのです。一般の人が運動をするという場合、週に一度か二度、スポーツクラブに行ったり、サークル活動に参加するくらいになると思います。スポーツ選手のように毎日激しいトレーニングをすることは考えにくいです。

「運動をした方が…」という質問における「運動」とは、余裕がある時に時々行う運動のことがほとんどです。普段は何もしない人がたまに運動をすると、体が疲労していつもよりエネルギーを欲しがります。その結果、食欲が増してしまうということがとても多いと思います。だから、私は運動は必要ないと考えているのです。

スポーツクラブ vs 散歩

適度な運動は、健康を維持したり体重を管理するにはとても大切なことです。でも、時々行う運動は食欲を増してしまうので注意が必要です。私が提案しているのは、毎日30分〜1時間程度の散歩をすることです。早歩きが効果的です。なかなか体重(体脂肪)が減らなかった方も散歩を始めた途端に減少し始めることが多いです。散歩の効果はあなどれません。
ダイエット 散歩
特に、日常生活や仕事でデスクワークばかりしている方は、極端な運動不足になりやすく、最低限の運動量すら満たしていないこともあります。その場合はカロリー制限をしただけではやせません。散歩程度の運動が必ず必要です。それ以上の運動は必要ありません。スポーツクラブで一汗かくと、やせた気分になりますが、その「やせた気分」だけで安心してしまう方も多く、実際には効果が出せない場合が多いのではないでしょうか。中途半端にスポーツクラブに通うくらいなら、その努力を早起きに使った方がずっと効率がよいと私は思います。お金もかかりませんし。

食事管理に専念した方が効果的

私がおすすめするのは、まず食事管理に専念することです。お菓子を好きなだけ食べていては、スポーツクラブに行っても効果は上げられません。運動で減量効果を期待するなら、中途半端ではなく、毎日汗を流す必要があるでしょう。でも、そこまでの時間と余裕はない方ばかりだと思います。ですから、食事に気を付ける方がずっと簡単なのです。

ただ、摂取カロリーを抑えるだけではだめで、不足しがちな栄養素は積極的に補う必要があります。メニュー作りが大変な時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です。利用できるものは積極的に取り入れて、できるだけ「楽」な努力をしましょう。そうでないと継続できませんから。余裕が出てきたら散歩などの軽い運動を加えます。

BACK:体脂肪計の罠(8) < > INDEXに戻る

Copyright © 2002-2007.ダイエットアドバイザー協会