ダイエットの科学-体脂肪計の罠(8)

群馬県関連サイト:鍼灸とアロマで健康を考える 群馬県姉妹サイト:サプリメントの法則 ダイエットの科学
PR

ダイエットサプリメントの正しい選び方と使い方
品質の確かなサプリメントを選ぶコツを公開
サプリメントの法則

ダイエットの科学体脂肪計の罠
BACK:体重を測る人ほどやせられる!?(7) < > NEXT:食事管理 vs 運動(9)
8.体脂肪計の罠
体脂肪計の原理

最近は体脂肪が計れる体重計が増えてきました。私の治療院のダイエット・プログラムを実践されている方もご自宅に体脂肪計がある場合が増えました。

体脂肪計って、使い方を間違えるとダイエットに失敗してしまいます。その理由を説明する前に、体脂肪計の原理を簡単に説明します。一般家庭用の体脂肪計は「生体インピーダンス測定法」という方法を使っています。簡単にいうと、脂肪が多い体は電気が流れにくく、脂肪が少ないと電気が流れやすいという性質を利用したものです。体に微弱な電気(体には害のない)を流して、どれくらい流れるかを測定しています。

重要なポイントは、脂肪を直接測定しているのではなく、電気の流れ方を測定して脂肪の量を推量していることです。電気の流れやすさは、脂肪の量だけで決まりません。その時の体調によって変化します。それだけでなく、飲食、入浴も大きな影響を与えます。体脂肪を測定するときは、できるだけ同じ条件で計ることが大切です。そうしないと、単なる誤差に振り回されてしまいます。

トリックを使うエステも…
エステで体脂肪が減った テレビを見ていた時の話です。エステサロンの特集でした。ある人気エステサロンで、タレントが施術前に体重と体脂肪、そしてウエストを計っていました。その後、マッサージや発汗を促進する施術を行い、再度計測を行っていました。結果はというと、全てがマイナス。「それはすごい!」ということでタレントもスタジオも盛り上がっていました。タレントは、体によいとされるハーブティで乾いた咽を潤してロケが終わりました。

この映像を見て、このエステを受けてみたいと思った女性は多かったことでしょう。もし、あなたが同じような光景を見たら気を付けてください。カラクリがある潜んでいるからです。ポイントは発汗です。発汗すると体はどうなるでしょう…?汗によって体重は減少することは容易に予測できます。ただ、体脂肪計の数値がが誤った数値を出していることに気が付かない方が多いのです。発汗中や発汗直後は体脂肪率が低く計測されます。この数字を見て、「体脂肪が減った!」と思うのは間違いです。「電気が流れやすくなった」が正しいのです。(体脂肪計の説明書を読むと、こういった注意事項がきちんと書いてあります。)

次にエステとのサービスでウエストが細くなったのはなぜかを考えてみましょう。これも答えは「体の水分」です。マッサージによって、脂肪が減ったかのように錯覚しやすいのですが、ウエストに溜まっていた水分がリンパに流れていっただけです。その結果、ウエストがスッキリしたのです。マッサージだけで脂肪がなくなることはありません。期待してしまう気持ちもわかりますが…。

お茶のサービスが計測後に行われるのも、重要な意味があるのです。水分補給をしてしまったら、体重が元に戻ってしまうからです。水を抜いた状態で計測することで女性の心をつかんでいるのです。

真面目に営業しているエステサロンがほとんどだと思いますが、悪質なエステサロンもあるようですから、気を付けてお店を選んでください。

体重と体脂肪を正確に計る方法

私の治療院でダイエットをされている方が、こんなことを言っていました。「朝と夜で体脂肪が全然違うんですよ!」と。ここまで読んでこられた方は、その理由はお分かりですよね。私は確認のため「夜はお風呂上がりに計っているんですか?」と尋ねると、思った通り「そうです」と返事が返ってきました。

発汗でなくても、飲食やトイレの前後でも数値は変わってしまいます。私がおすすめしているのは、朝、おしっこをした直後に体重・体脂肪を計ることです。こうした計り方をすれば誤差が少ないので、自分の体重と体脂肪率を正しく把握できます。誤差に気が付かずに「増えた、減った」と振り回されるとダイエットに失敗してしまいます。あなたはもう大丈夫ですね。

BACK:体重を測る人ほどやせられる!?(7) < > NEXT:食事管理 vs 運動(9)

Copyright © 2002-2007.ダイエットアドバイザー協会