ダイエットの科学-現代型栄養失調になる理由(3)

群馬県関連サイト:鍼灸とアロマで健康を考える 群馬県姉妹サイト:サプリメントの法則 ダイエットの科学
PR

ダイエットサプリメントの正しい選び方と使い方
品質の確かなサプリメントを選ぶコツを公開
サプリメントの法則

ダイエットの科学現代型栄養失調になる理由
BACK:ダイエットに成功する理由(2) < > NEXT:脂肪が必要な理由(4)
3.現代型栄養失調になる理由
食産業の発展
経済の発展に伴って食文化も大きく変わりました。現在、私たちが口にしている食べ物のほとんどが食産業と深い関係にあります。宅配ピザ、コンビニ弁当、ファミレス、惣菜屋さんなどがそうです。また、スーパーで売られている商品の多くが加工された商品ですよね。巨大化した産業では、各企業が「利益」を生まなければなりません。その為に様々な「効率化」が図られます。「産業」で扱われる「食材」は「食べさせる」為の食材であり、かつ「利益」を生み出す為のものでなければならないからです。

この産業の必然的流れは市場に様々な「食べさせる」為の食材が並ぶことになります。結果としてどうでしょう?ここには「加工食品」「保存食品」「冷凍食品」「レトルト食品」「インスタント食品」といった便利な食材が並びます。

利益を生まなければならない食産業で流通する食材は「栄養を摂る」という目的を無視した商材が多く生まれてしまう
ものなのです。

この現実は先進国の食文化ですから受け入れて、私たちは自らの智慧で対処していくしかありません。与えられた食品だけ食べていたのでは現代型栄養失調になってしまいます。その結果、肥満になりやすいのです。生活習慣病もこの現代型栄養失調の結果と言えるでしょう。

食産業が発展すればダイエット産業も発展してしまう。なんだか悲しいような現実ですが受け入れるしかありません(・_・、)

野菜そのものの栄養が・・・
仮に、きちんと野菜を買っても、ビタミンが減っている、ミネラルが減っているという衝撃的な現実にも現代人はさらされています。北海道中央農業試験場の調べでは、45年前には、ほうれん草100gの中には100mgのビタミンCが含まれいたのが、20年前には65mg、5年前には既に8mgしか含まれなくなってしまっているとうい事が解っています。40年でビタミンCの量が1/12に減ってしまったわけです。現在40歳以上の方なら子供の頃の野菜の臭いと今の野菜の臭いが比較できるかもしれません。当時のピーマンはもっともっとピーマンの臭いがしていたのではないでしょうか。

カロリーだけは減っていない
栄養素の失われた私たちの食生活でもカロリーだけはたっぷり含まれています。失われているのは、ビタミン・ミネラル・食物繊維・・・(微量栄養素)。現代の日本は、栄養=カロリーという時代ではありませんよね。三大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質)が不足していた時代は終わり、現代に生きる私たちには、飽食の文化があり、微量栄養素が不足する「現代型栄養失調」というものに悩まされているのです。これはカロリーと微量栄養素とのバランスが明らかに狂っていることを意味します。

見えない肥満
私たちはこのような環境の中で生活してるのですから、肥満になりやすいのは当たり前です。仕方ないのです。あなたは悪くありませんし、私も悪くありません。普通にしていれば肥満になってしまうような環境の中で生活しているのです。

深刻なのは、内臓に脂肪が蓄積している場合です。いわゆる隠れ肥満ですが、見た目がスリムなだけに本人が肥満を自覚できないのです・・・。最近では体脂肪計が安く手に入るようになりましたので、持っていない方は購入をおすすめします。繰り返しになりますが、ダイエットで一番大切なのは体脂肪率を減らすことです。体重の減少はその結果です。このことは絶対に忘れないでくださいね。

生命の鎖
46の必須栄養素というものがあります。この必須栄養素は体内で合成できないものです。つまり、常に食事で補い続けなければならない栄養素のことです。この中のどれか一つでも足りなければ、他の栄養素も働かなくなってしまいます。これはとても重要なことです。各栄養素は協調して働いているのです。とういより、協調しないと働けないのです!アメリカの栄養学の権威ロジャー・ウイリアム博士は、この原理を「生命の鎖」と呼びました。

生命の鎖からわかること
栄養素は協調して働いていることが理解できれば、単独の栄養素を摂っても全く意味がないということがわかりますよね。たとえば、ビタミンCのみのサプリメントを摂ったとします。こういう摂り方に意味があるとすれば、ビタミンCのみが不足している場合のみです。考えてみてください。ビタミンCだけが不足なんてことあると思いますか?ありえまえんね。栄養素は単独で不足することは日常考えられません。ですから、単独の栄養素を摂っても気休め以上のものは期待できないのです。ところが、そういう商品がバカ売れしています。それも事実です。

なぜ、売れるのでしょうか。それは買う側に選ぶ知識がないからです。イメージだけでサプリメントを選ぶ方がとても多いように思います。だから企業もイメージで売り込む。サプリメントは気休めと割り切っている方には、これ以上お伝えすることは何もありません。しかし、本来栄養素は気休めでも何でもありません。私たちにとって栄養素は必要なのです。嗜好品ではありまえせんね。紛れもない必需品なのです!

BACK:ダイエットに成功する理由(2) < > NEXT:脂肪が必要な理由(4)

Copyright © 2002-2007.ダイエットアドバイザー協会