ダイエットの科学-ダイエットに失敗する理由(1)

群馬県関連サイト:鍼灸とアロマで健康を考える 群馬県姉妹サイト:サプリメントの法則 ダイエットの科学
PR

ダイエットサプリメントの正しい選び方と使い方
品質の確かなサプリメントを選ぶコツを公開
サプリメントの法則

ダイエットの科学ダイエットに失敗する理由
INDEX < > NEXT:ダイエットに成功する理由(2)
1.ダイエットに失敗する理由
リバウンドの原因
当院に来院される方のほとんどが、何らかのダイエットに挑戦したことがあるようです。当然のごとく、減量後に急激に体重が増加する「リバウンド」を経験されている方がほとんどです。なぜリバウンドしてしまうのでしょうか。
リバウンドの原因 答えはとても簡単なのです。そういう方は脂肪を減らしたのではありません!やつれたのです!!リバウンドを起こしてしまう体の状態は決して健康とは言えません。当たり前ですよね。健康だったら急激に体重が増えるわけありませんから。結論を言います。リバウンドをしてしまう体は病的な状態です。
ダイエットはそもそも体重を落とすためのものではありません。食事療法で健康になり、その結果余分な脂肪が落ちていくのです。体重が落ちることは結果であり、目的としてはふさわしくありません。とはいえ、正しい方法でダイエットをした場合、体重の減少はすなわち脂肪の減少ですから指標として大きな意味を持ちます。

覚えてください!栄養不良になると必ずリバウンドします。人間の体は飢餓(栄養不良)状態になると、エネルギーを脂肪に置き換えて貯蓄を始めるからです。「食べない=やせる」は間違いです。「食べない=やつれる」が正しいのです。

運動してもやせない理由
やせるために運動をしている方も多いと思います。正しく運動するとやせるのは紛れもない事実です。でも間違った知識で運動した場合、残念ながら努力は酬われないでしょう。脂肪が燃焼しはじめるのは、有酸素運動を始めてから20分くらい経ってからだという事は有名な話です。ここでは別の観点で運動でやせる難しさを書きます。

マラソンで脂肪を1kg落とそうとした場合、どれくらい走ったらよいと思いますか?単純な計算ですが、実は42.195kmを3回走らなければならないのです!3回ですよ!1回でも普通の人は無理ですよね(^_^;)ですから、有酸素運動で脂肪が燃焼するのは事実ですが、期待するほどの効果はありません。確かに、走った後、体重計に乗ると体重が減っています。でも、これは単純に流した汗の分だけ下がっただけのこと。

もちろん、運動はやせるために大切です。汗を流すためではなく、筋肉の量を増やす意味でとても重要なのです。筋肉が増えると「基礎代謝量」というものが上がり、寝ていても消費されるカロリーが増えます。

当たり前の話ですが、栄養失調の状態では筋肉は増えません。逆に減ってしまうことだってあります。そんな状態で運動をしたら返ってマイナスです。覚えてください。運動で効果が出せるのは必要な栄養素が満ち足りている状態の時のみです。

続けられない理由
やせる方法はたくさんあります。健康にやせられる方法ならどんなダイエットでもいいと思います。余所の方法を否定するつもりは全くありません。雑誌やインターネットを見ていると様々な情報が飛び交っていますね。その中でよいと思った方法を選んで始めるわけですが、続かない人が必ず出てきます。そこで、考えられる理由をまとめてみました。

 1.ダイエット法に半信半疑
 2.仲間がいない
 3.飽きる
 4.難しい
 5.努力の成果がすぐに出てこない
 6.楽しくない
 7.目的と目標があいまい
 8.高額な費用がかかる or 費用が全くかからない
ダイエット やせる方法

この他にもあると思うのですが、私が思いつくのはこんなところです。ダイエットは継続が命ですから、続けられるものでなければ意味がありませんね。ダイエット法を選ぶ時は絶対に続けられるものを選んでください。そして何より大切なのは、やせるために必要な最低限の知識をきちんと身につけておくことです。どんなダイエット法でも「やせる理屈」は一緒ですから。

INDEX < > NEXT:ダイエットに成功する理由(2)

Copyright © 2002-2007.ダイエットアドバイザー協会