サプリメントの法則 - やせる方法(ダイエット・サプリメントの検証)

選び方の徹底研究
サプリメントの法則

サプリメント選びの実践マニュアル
サプリメントを使った「やせる方法」を伝授します。正攻法が成功法です。

トップページ
初級編
サプリメントの意味
サプリメントの分類
サプリメントの選び方
成分表示の正しい読み方
サプリメント選びの落とし穴
サプリメント広告の読み方
粗悪品を見抜く
理想のサプリメント


上級編
健康食品の基礎知識
サプリメントと薬の境界線
天然と合成の比較
サプリメントの裏事情
添加物の実態調査
アメリカのサプリメント事情
食物酵素でアンチエイジング
サプリメントでやせる方法
1サプリメントは意味がない!?
2サプリメントと代謝の関係
3サプリメントの正しい活用法
4必要なサプリの選び方
5サプリでダイエット
サプリメントの法則 10ヶ条

番外編
サプリメント通になれる本
気になるマスコミ記事
コラム
サプリメントの結論

サイト案内
よくある質問
プライバシーポリシー
リンクについて
お問い合わせ

管理人について

・姉妹サイト
 ダイエットの科学

・関連サイト
 鍼灸とアロマで健康を考える

リンク
おすすめリンク集
美容と健康のリンク集
相互リンク集

かんたん相互リンク

相互リンクに関して

このサイトはリンクフリーです
健康情報のネットワーク作りを目指しています。相互リンクのパートナーを募集しています。

PR

サプリメント活用の極意

効果を最大化する、たった2つの簡単なポイント!
www.supplement.to/

サプリメント やせる方法やせる方法
サプリメントでやせる方法
サプリメントの法則・選び方のトップへ
サプリメントでやせる方法
残念ですが、飲むだけでやせるサプリメントはありません。本当です。
群馬県ダイエットの科学[賢くやせる方法]
1.ダイエットサプリメントは意味がない!?
簡単にやせる方法をお探しの方に忠告です。

「ダイエット・サプリメントに頼ってはいけません。」


いきなり読者を裏切るようなことを書いてしまいました。でも、誤解しないでください。「ダイエット・サプリメントは意味がない」ってことではありませんよ。正しく理解し、正しく利用すれば効果を実感できます。でも、間違った利用法ではやせられません。
簡単にやせる方法
なぜなら、ダイエット・サプリメント自体には「やせる効果」がないからです。言うなれば、「やせる努力をムダにしない効果」があるのです。

※もし、飲んだだけでやせられたら危険な薬品です。絶対に買うのはやめましょう。


「やせる」ことは体脂肪を減らすことです。脂肪エネルギーに転換される化学反応が体内で起こすことに努力を費やすことです。その化学反応に必要な材料をダイエット・サプリメントは提供してくれます。

ダイエット・サプリメントが活躍する条件があります。絶対に必要な条件です。

<摂取カロリー> − <消費カロリー> が−(マイナス)

それでは、詳しく説明していきます。

2.サプリメントと代謝の関係
広告や商品の説明には「ダイエット××サプリ」とあるのに、いつになってもやせてこない、そんな経験はありませんか?

ニセモノなんでしょうか…?もちろん、その可能性もありますね。
ここではホンモノとかニセモノか考えることよりも、もっと大切なことをお話ししましょう。

まずは、この事実から受け入れていきましょう。

サプリメントを摂るだけではやせられない!

これが本当のお話。でも、ここで読むのをやめないでくださいね。サプリメントが無意味ってことではないですから!選び方と使い方のコツをマスターするとダイエットにとても役に立ちます。

なぜ、サプリメントだけではやせることができないのか…その秘密をもう少し詳しくお話しします。もし、仮に摂っただけでやせるものがあったとしましょう。それは食品と言えるでしょうか。体内の脂肪は、代謝によってエネルギーに変化することで減っていくものです。もし、運動や食事の管理を一切せず体脂肪が落ちたとします。それって、代謝異常です。 簡単にやせる方法はない
摂るだけでやせるものがあるとすれば、食品ではなく薬品と考えるべきなのです。どんな薬にも必ず副作用がありますから、続け過ぎると病気になります。怖いです。

「代謝」という言葉でサプリメントの役割を正しく表現すると、
「サプリメントは代謝機能を正常に働かせるもの」となります。

摂るだけで体重が減ってしまうもの = 代謝異常を起こすもの
 代謝の状態:正常 → 異常

やせるためのサプリメント = 正常な代謝を助けるもの
 代謝の状態:異常 → 正常

もうおわかりですね。
摂るだけでやせるものがあるとすれば、それは代謝を異常な状態にしてしまうものです。そういうものは食品ではなく薬品です。私たちが手にするサプリメントは食品ですから、摂るだけでやせることはできないのです。

3.サプリメントの正しい活用法
サプリメントは代謝を正常にするものであることはご理解いただけたと思います。
ここで、一度私たちの体に目を向けてみましょう。私たちは植物のように水と光だけではエネルギーを作りだすことができません。だから、食品を口に入れて生命活動を営んでいます。体内に入れなければならないのは、体の材料となる栄養素エネルギーを生み出す栄養素、そして代謝に必要な栄養素です。どれが欠けても生きていけません。 サプリメントでやせる方法
本題に入ります。脂肪ってそもそもなんでしょう。脂肪の大切な役割はエネルギーを蓄えることですね。

体脂肪の多い体=エネルギーを蓄えた体

エネルギーが余れば脂肪になり、エネルギーが足りなくなれば体脂肪を消費するのです。
ダイエットで私たちがしなければならないこと、それは二つしかありません。

体内に入れるエネルギーを減らす = 食事制限
体内のエネルギーを消費する = 運動

当たり前の話ですみません。でも、これがとても大切なことなので書きました。これを踏まえた上で、やせるために必要な条件を考えます。体重を減らすために絶対に必要なことは「エネルギー不足」の状態を作りだすことです。
エネルギーが不足しないことには、どんなサプリメントを摂ってもやせることはありません。

エネルギー = カロリー

エネルギー不足にしようとして、食べる量を減らしたとします。入ってくるエネルギーは減りますよね。でも、期待しているように体重が減らないことがよくあります。理由はなんでしょうか。体重が減らないということは、エネルギーに変わっていないと考えることができるのです。なぜ変わらないのか、それは代謝の力が足りなくなっているからなのです。
代謝の力が弱る原因は、代謝に必要な栄養素不足です。入るエネルギーは確かに減ったけど、同時に代謝の力が落ちてしまう。なんだか理不尽な話です。でも、それが現実です。

脂肪 → エネルギー
    ↑
  代謝の力

つまり、
食べる量を減らしてもやせないのは、代謝の力が落ちてしまうからなのです。
ですから、エネルギー、つまりカロリーを減らしても代謝に必要な栄養素はしっかり食べることが大切です。そして、もう一つ大切なことがあります。体の材料となる栄養素もしっかり摂らなければなりません。体の材料が減ってしまうと、まず筋肉が減ります。筋肉はエネルギーを最も消費するところです。この筋肉が少なければ、消費されるエネルギーも減ります。ですから、
いくら食べる量を減らしても、体の材料となる栄養素がなければ、エネルギーが使われなくなります。

筋肉が減る = 体が必要とするエネルギーが減る

体重を落とすダイエットで大切な法則が見えてきました。
代謝に必要な栄養素と体の材料となる栄養素は体内にたっぷり取り入れて、エネルギーに転換されてしまう食品は最小限に抑えると体脂肪が減り始めます。
よく「低カロリー、高タンパク」と言われますが、「エネルギーは減らして、体の材料はしっかりと摂取する」という意味なんです。でも、本当はそれだけでは足りなくて、代謝に必要な栄養素も忘れてはいけないのです。

体重を落とそうとして、食べる量を減らすわけですが、重要なのは、体脂肪を減らすことで体重を落とすことです。筋肉の量が減ったり、内臓が小さくなってしまうのは、やつれただけです。体重だけでいうなら、何も食べなければすぐに体重は落ちていくでしょう。でも、体脂肪と同時に筋肉や内臓が衰えているのです。
本当のダイエットは体脂肪のみ落とすのです。そうすることでリバウンドもありません。逆に言うと、リバウンドしてしまう体はやつれています。

「エネルギーの摂取だけ減らして、他の栄養素はしっかりと」というところまではわかりましたね。では、それを実現するためには、料理から見直さなければなりません。でも、ここは料理の話でななくサプリメントの話ですから、ダイエット料理は専門家にお任せしましょう。

そろそろ、サプリメントの使い方の結論を言いますね。
それは、
食事量を減らす時に不足しがちな「体の材料」と「代謝に必要な栄養素」を確保するためなのです。サプリメントを使うことで、ダイエット料理をしなくてよいということです。

ダイエット料理が作れない時、もしくは面倒な時 → サプリメントを使いましょう

サプリメントを上手に利用することで、何も考えずに食事の量を減らしても結果が得られやすいと言えます。(食事の質がどうでもよいという意味ではありません。)

4.ダイエットに必要なサプリメントの選び方
結論から書きます。

総合栄養補助食品を選んでください

ダイエットに必要なサプリメントは単独の栄養素ではありません。食事量を減らした場合、全体的に栄養素が不足してしまいますから、補う場合も全体的に補助してあげなくてはなりません。

栄養素は単独では働くことができず、他の栄養素と協調して働きます。ですから、ある栄養素だけを摂っても体内で働けないなんてことがあるのです。早い話、ビタミンB群だけ摂ってもあまり意味がないということです。ビタミンB群を摂って意味がある方は、ビタミンB群だけが不足している場合のみです。話は脱線しますが、天然成分の場合、単独栄養素だけを取り出すことはできません。つまり、単独栄養素(たとえば、ビタミンB群だけ)という場合、合成品の可能性が高いと言えます。

総合栄養補助というと難しいかもしれませんが、簡単にいうと、普通の食事で摂れる栄養素を全般にわたって摂れるものです。ここで、栄養素をもう一度整理してみましょう。

成分 栄養素
三大栄養成分 たんぱく質
糖質(エネルギー源 = カロリー)
脂質
微量栄養成分 無機質
ビタミン
その他 食物繊維、酵素
赤時=サプリメントで補いたいもの

この中で、糖質以外のものは積極的に摂取しなければいけません。
酵素は近年注目されている栄養素で、栄養素が体内で化学変化を起こすのを助けるものです。この酵素が不足すると、体内に取り込まれた栄養素も十分な働きができなくなります。この酵素は年齢と共に不足してくることがわかっています。でも、残念なことにこの酵素に着目したメーカーはまだまだ少ないのが現状です。

ダイエットに必要なサプリメントって、実は糖質(炭水化物も含む)以外、全部なのです。どれが不足しても体内で代謝が正常に行われません。

製品を選ぶとき、これらの栄養素がバランスよく含まれていれば問題ありません。とはいえ、サプリメントは「補助」です。普通の食事をバランスよく摂ることが重要なのは言うまでもないことです。量を減らしつつ、バランスは保つ。これが大切です。

5.サプリメントを使ったダイエット方法
ダイエットにサプリメントを活用する方法を具体的にお話しましょう。
最初に心がけていただきたいことがあります。それは
結果を急がないことです。サプリメントを使うと言っても、特別にやせる速度が早くなるわけではありません。1ヶ月に2キログラムを目安にしていただきたいと思います。これ以上、落とす必要はありません。

他にも大切なことがあります。それは体脂肪率も計測することです。
体脂肪を落として体重を落とすのが正しいダイエットです。ここ数年で安価に体脂肪計が購入できるようになりました。まだお持ちでない方はぜひ購入してください。

正しいダイエットであれば、体重が落ちてくると体脂肪率も落ちてきます。1ヶ月くらい経過を見て体脂肪だけが落ちない場合は、体を構成している筋肉や内臓の蛋白質が落ちていることになります。栄養不足を疑ってください。ダイエットは中止して方法を見直してください。

それではダイエットの方法をご紹介します。
これまでの食事を見直し、品目をできるだけ多く摂るようにします。このままでは、体内に入るカロリーは同じなので、食事の量は減らします。その上で、代謝に必要な栄養素や体の材料となる栄養素が絶対に不足することがないようにサプリメントで補います。

きちんと栄養補助が行われていると、過剰な食欲がわいてこないので、食事量を減らしても、それほど苦しくないものです。最初は2/3くらいの量を目安にして、減らしてみます。2週間ほど経っても、まったく変化がなければ、ダイエット前の1/2くらいに減らしてみます。どの量が最適かは、実際に体重の減少の仕方で判断してください。早すぎても、変化がなくても量に問題があります。

1ヶ月目で1〜2キログラム落ちるのがよいペースです

運動を組み合わせると、2〜3キログラム落とせます

計る時間帯によって体重も変化しますから、毎朝、トイレを済ませた後に計るとよいと思います。また、便秘や生理でも体重は変化しますので、一緒に記録しておくとよいと思います。(便秘の時や生理中は体重は増えます。)

サプリメントを使用するメリットをまとめてみました。

努力が結果に現れやすい
リバウンドしにくい
過剰な食欲が抑えられる
食事管理に手抜きができる
食事管理よりも安い
体調をくずさない

これで、「サプリメントでやせる方法」は終わりです。サプリメントを上手に利用してダイエットに役立ててくださいね。
群馬県ダイエットの科学[賢くやせる方法]

サプリメントの法則・選び方のトップへ
サプリメントの法則
presented by
ダイエットアドバイザー協会