サプリメントの法則 - サプリメントの分類

選び方の徹底研究
サプリメントの法則

サプリメント選びの実践マニュアル
サプリメントを品質と目的で分類しました。あなたに必要なサプリメントのヒントがあります。

トップページ
初級編
サプリメントの意味
サプリメントの分類
1品質で分類
2目的で分類
3サプリメントのタイプ(種類)
サプリメントの選び方
成分表示の正しい読み方
サプリメント選びの落とし穴
サプリメント広告の読み方
粗悪品を見抜く
理想のサプリメント


上級編
健康食品の基礎知識
サプリメントと薬の境界線
天然と合成の比較
サプリメントの裏事情
添加物の実態調査
アメリカのサプリメント事情
食物酵素でアンチエイジング
サプリメントでやせる方法
サプリメントの法則 10ヶ条

番外編
サプリメント通になれる本
気になるマスコミ記事
コラム
サプリメントの結論


サイト案内
よくある質問
プライバシーポリシー
リンクについて
お問い合わせ

管理人について

・姉妹サイト
 ダイエットの科学

・関連サイト
 鍼灸とアロマで健康を考える

リンク
おすすめリンク集
美容と健康のリンク集
相互リンク集

かんたん相互リンク

相互リンクに関して

このサイトはリンクフリーです
健康情報のネットワーク作りを目指しています。相互リンクのパートナーを募集しています。

PR

サプリメント活用の極意

効果を最大化する、たった2つの簡単なポイント!
www.supplement.to/

サプリメントの選び方
サプリメントの法則・選び方のトップへ
サプリメントの分類
サプリメント(正式にはダイエタリー・サプリメント)と一口に言っても玉石混交です。品質や目的もさまざまで混乱してしまいますよね。
そこで、実際に販売されているサプリメントがどんなタイプのものなのか、わかりやすく分類してみました。

1.品質で分類
購入するなら、CかDのサプリメント」を選んでください。本格的サプリメントというと副作用が強いのでは…と心配される方もいると思います。そんなことはありません。本格的なサプリメントほど、一般の食品に近い状態で栄養素を摂取できるものです。ですから、栄養素の働きが強く安全なのが本格的サプリメントです。「1.簡易サプリメント」は身近なお店で販売されるようになり、売り上げを伸ばしています。しかし、ビタミンやミネラルの補給だけでは栄養補助としての価値はほとんどありません。

A.簡易サプリメント(低価格、低品質)
ドラッグストアやコンビニエンスストアで低価格で販売しているサプリメントです。お値段が安いのが特徴です。なぜ安くできるのかというと、化学合成された成分が主で、大量に生産できる安価な成分をもとに作られているからです。吸収率を高めるなどの特別な工夫もされていないものが多いです。低価格をウリにしている有名メーカーはこのカテゴリに属します。低価格といえども、原価はさらに安いので十分な利益がでるようです。

B.準本格的サプリメント
天然成分を配合したり、植物栄養素を取り入れたり、ある程度の栄養的効果、生活習慣病対策を念頭においたサプリメントのことです。私たちの健康に役立つサプリメントです。

C.本格的サプリメント(高品質)
このタイプのサプリメントは天然の栄養素であるのが条件です。また、栄養素が体内で働きやすいバランスに調整されているものです。メーカーによっては臨床試験を行い、栄養素の効果や働きを科学的に実証しています。本格的サプリメントとは、高い安全性と医薬品レベルの試験を重ねているサプリメントです。一般的には原価が高いのですが、メーカーの努力によって低価格で購入できる場合があります。

D.酵素栄養学に基づくサプリメント(最高品質)
日本ではまだなじみのない酵素栄養学。最新の栄養学では食物酵素が極めて重要なことがわかっています。ビタミンやミネラルがヒトの体の構造や機能に果たす役割については、一般の人たちにも知られています。しかし、ビタミンやミネラルは「助酵素」あるいは「補酵素」と呼ばれる役回りでしかなく、主役はあくまでも「酵素」です。天然栄養素でビタミンやミネラルのバランスはもちろんとして、必要な食物酵素を摂取できるサプリメントこそ最高かつ最新のサプリメントと言えるでしょう。

2.目的で分類
日本サプリメント協会の分類を参考にしました。
購入するなら「A.ベース・サプリメント」をお選びください。1〜3の中で
最も重要度が高く、安全性が高いのはベース・サプリメントです。しかしながら、世間の関心は2や3に向かいやすいようです。

A.ベース・サプリメント(栄養欠損補充)
本来、普通の食品から摂るべき栄養素のサプリメントです。私たちの身体の構成要素となったり、代謝を正常に保つ働きがあります。ベース・サプリメントは一般の食品から摂れる栄養素に近い形であることが重要です。品質の差に最も違いが出やすいのがベース・サプリメントかもしれません。
一般的にマルチビタミン系・マルチミネラル系のサプリメントを、このカテゴリに入れているメーカーもありますが、ビタミン類やミネラル類だけでベース(基礎)とするのは、背伸びをしすぎだと思います。このカテゴリの属すサプリメントが最も重要なのですが、開発に技術と費用がかかるために満足な製品が少ないのが現状です。

B.ヘルス・サプリメント(健康維持・増進)
栄養的なバランスの調整とともに、全身の体調調整機能に関わり、免疫力や、抗酸化力などをサポートして健康の維持、増進に役立つ成分です。青汁、発芽玄米、ビール酵母、クロレラなど。

C.オプショナル・サプリメント(改善目的)
主にハーブや薬草類など、伝統医療や民間療法として伝えられてきたものがたくさんあります。中には治療薬として処方されているものも含みます。医薬品に最も近いものなので、摂る時には専門家に相談した方がよいものがあります。

3.サプリメントのタイプ(種類)
タイプ イメージ 特徴
タブレット
(錠剤)
タブレット類
錠剤もさまざま
天然のタブレット
一般的な錠剤タイプの例
ソフトカプセルのタブレット
ソフトカプセルの例
ハードカプセルのタブレット
ハードカプセルの例
飲みやすい。
携帯も便利。
品質のよいものを選べば、l効率よく栄養素を摂ることができます。
粉末
粉末のサプリメント ダイエット
アミノ酸系の例
粉末のサプリメント プロテイン
総合栄養補助系の例
水などに溶かして飲むので、手間がかかります。でも、錠剤タイプでは摂りにくいタンパク質や繊維質などを補給するには適しています。
液体
液体のサプリメント
乳酸菌生成エキスの例
水などに溶かして飲みます。
ドリンク いわゆる栄養ドリンクの類です。
「ファイト、一発!!”」
糖分の摂りすぎに気をつけたいです。
チュアブル 「水なしで飲める胃薬」のような形態。 かみ砕いて飲むタイプです。飲みやすいのが特徴ですが、高価で栄養素の含有量が少ないことが多いです。甘さやミントの風味をつけあるものもあります。
ゼリー コンビニなどで見かけるものです。忙しい朝に食事代わりに摂っている人も多いのでは。 おやつ感覚で手軽に摂ることができます。本格的なサプリメントとは違うかもしれません。栄養素の含有量の割に価格が高いと思います。
サプリメントの法則
presented by
ダイエットアドバイザー協会

サプリメントの法則・選び方のトップへ